ジルコニア

「ジルコニア」とはどんな素材?

「ジルコニア」とはどんな素材?

「ジルコニア」という物質をご存知でしょうか?
ジルコニアは、ジルコニウム(Zr)の酸化物で、強度と耐久性の高いセラミックとして知られています。ダイヤモンドの代用品として有名ですが、そのほかにもスペースシャトルの断熱材などとしても使用されています。今、工業界や医学界で活躍する新しい素材です。

ジルコニアを使用したセラミッククラウン

安全性 金属を使用した歯科技工物の場合、体質によっては金属成分に反応してアレルギーを発症してしまうことがありました。ジルコニアはアレルギーの原因になることがありません。
強度 セラミック製の歯科技工物の強度を高めるために、従来は金属を裏打ちしていました。しかし、ジルコニアは金属を使用することなく、従来の10倍以上もの強度を実現しています。
審美性 ジルコニアは天然歯同様の白さを再現でき、ナチュラルな見た目に仕上がります。従来のセラミッククラウンは年月が経過すると歯ぐきの根元が黒く変色することがありますが、ジルコニアはその心配がほとんどありません。

当社におけるジルコニアセラミッククラウンの作製

当社におけるジルコニアセラミッククラウンの作製

デンタルソリューション 株式会社ではジルコニアセラミッククラウンの作製に、豊富な実績と優れた技術を持った「デンツプライ三金」のセルコンスマートセラミックスシステムを使用しています。またセルコンデンタルネットワークに加盟し、よりよい歯科技工物の作製を目指しています。

治療の流れ ―患者さん向けコンテンツ―

医院への問い合わせ

当社の作製した歯科技工物を使用している歯医者さんへお問い合わせいただきます。詳しくは当社までご相談ください。

レントゲン撮影

歯医者さんでレントゲン撮影を行い、患者様の症状を確認します。

診断

レントゲンの結果などから歯医者さんが立てた治療計画をもとに、今後の治療について話し合います。

支台の形成

クラウンを乗せるための支台を形成し、クラウンを作製するための型を採ります。周りの歯に合わせて色などを調節し、支台に仮歯を装着します。

治療完了

できあがったクラウンの色や形状などを調節して支台と接着します。