ファイバーコア

「コア」とはなんのこと?

歯科医療において「コア」とは「土台」を意味する言葉で、人工歯の芯の部分を指します。歯を家とするなら基礎にあたる部分で、ここが安定していなければ歯は長持ちしません。小さな虫歯であれば問題ありませんが、大きな虫歯や虫歯の再治療などの場合、歯が大きく削られて歯質がほとんど残っていないことがあります。その場合は、人工のコアを使用して歯を補う必要があるのです。

ファイバーコア

グラスファイバー樹脂で作製したコアのことです。従来、人工のコアは金属を使用した「メタルコア」が主流でしたが、それでは硬すぎて歯を傷めてしまいます。ファイバーコアは象牙質(歯の内部)に近い弾性を持っており、歯にダメージを与える心配がありません。

ファイバーコアとメタルコアの比較

  ファイバーコア メタルコア
メリット
  • 強度と耐久性が高い
  • 歯へのダメージが少ない
  • 光の透過性が天然歯に近い
  • 歯や歯ぐきの変色がない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯をほとんど削らずに済む
  • 再治療が容易にできる
  • 強度が高い
  • シンプルで作成が比較的容易
  • 保険が適用されるため安価
デメリット
  • 保険適用外のため高価
  • 作製が難しい
  • 歯より硬いため歯がダメージを受ける
  • 歯を削る量が多い
  • 金属アレルギーを起こすことがある
  • 歯や歯ぐきが変色する可能性がある
  • 光が透過しない
  • 再治療が難しい