保険診療・自費診療の違い

なにが違う?保険診療と自費診療

なにが違う?保険診療と自費診療

歯科医院をはじめとした医療機関での治療には、保険が利く場合(保険診療)と利かない場合(自費診療)があります。基本的にはどんな治療でも保険が利くように思われますが、歯科治療には自費診療も多くあるのです。それぞれ、どんな治療が行われるのかをご説明します。

保険診療

治療費の一部を国が負担してくれる診療です。歯科医療においては、虫歯や歯周病をはじめとした病気の治療や、健康に影響を及ぼすほど乱れた歯並びの治療に適用されます。

費用は非常に安価ですが、治療法や使用できる素材は制限され、最低限の治療になります。

自費診療

機能や審美性を高めることを目的とした治療の場合、保険を適用することはできません。主に治療にセラミックや金などを使用する場合は自費診療となります。また、レーザーやマイクロスコープなどといった最新機器を使用する治療も自費診療になることがほとんどです。

費用は高くなりますが、安全かつ適切な素材が使用され、機能性も審美性も高い技工物を使用できます。

保険診療と自費診療の比較

  保険診療 自費診療
メリット
  • 治療費用が安く済む
  • 審美性や機能性を高められる
  • 最新治療が受けられる
デメリット
  • 定められた範囲内の治療しか受けられない
  • 最新治療が受けられない
  • 審美性や機能性が劣る
  • 治療費用が高い
  • 料金体系が見えにくい

保険診療は最低限の処置で病気を改善する治療、そして自費診療は美しさや優れた機能を手に入れるための治療だと言えます。自費診療では、保険診療よりも高い技術や優れた素材を使用できます。ライフスタイルなどを考えて、どちらを選ぶべきか決めましょう。